皮被り男子

皮被り男子と包茎手術

男性器の皮が被った状態を包茎というのですが、まず、包茎の種類を知りましょう。包皮と亀頭が癒着していてめくれないのが、真性包茎。包皮口が狭いためにめくれないのが、包皮輪狭窄症。それを無理にめくって戻らなくなるのが、カントン包茎とそれぞれ言います。これらの包茎は手術が必要なので、治療をしたいというのであれば病院が一番早いかもしれません。もちろん保険もきくので安心できるかもしれません。スムーズにめくったり戻したりできれば仮性包茎と呼ばれ大体がこの仮性包茎と言われています。この仮性包茎の状態は男性器に問題がないとされていますが、一般的に恥ずかしいものという認識がありますね。今まで、矯正リングとかキトー君とかいろんな器具がありますけども実際包茎矯正なんて効果があるのか不思議だと思いませんか?包茎を治すというのなら、それは手術以外ないと思います。剥き癖だけをつけても包茎矯正としての効果は期待できないと言っても言い過ぎではないのです。包茎は、包皮が余ってる状態なので、手術を受けない限り解消出来ないということです。しかも年齢を重ねればそれだけ包皮も伸びてきますからね。
包茎治療