風俗嬢の性病検査

エイズなんて、自分には関係がない。
そんな風に考えていらっしゃる方も多いと思います。

しかし、日本のHIV感染者は増加し続けています。特に若者や同性愛者の男性。
同性愛者の男性に多い理由は、膣よりも肛門の方がデリケートで出血を伴う傷がつきやすい点も理由の一つです。

風嬢をやっていてこんなことを言うのもなんですが、風嬢がエイズじゃないとは言い切れないのです。

それくらい覚悟が居る遊びなのでしょうか?(笑)

スゴイ遊びだと思いませんか風俗って。

コンドームを使用しているから大丈夫、と思っている方。生でのオーラルセックスの経験は有りませんか?また、パートナーの過去の性交渉を把握していますか?ご自身の過去のパートナーはどうでしたか?

コンドームを使用していても、生でのオーラルセックスの経験があるという方は多いかと思います。
私の場合は結婚を意識した時にHIV検査を受けました。

自分の過去を振り返った時に、絶対に大丈夫だと思えなかったからです。
HIVは潜伏期間が長く、発症までに数年かかることもあります。

結果は陰性でしたが、検査結果を待つ時間が非常に長く感じました。
どの病気にもいえることですが、早期発見は大切です。
ご自身と、パートナー、そして将来、産まれてくるかもしれない子どものためにも。
一度、HIV検査に踏み切ってみてはいかがでしょうか。

風嬢は体を張って仕事をしています。

もちろんきちんとした検査をする人もいますし、またお店でも検査を奨励しているところもあります。

**風嬢が検査をしていて参考になっているサイト→性病検査サイト

どうして風俗嬢になるのか

私は風俗嬢、いわゆる風嬢です。
どうしてこの風俗で働くことになったのかって言うのはやっぱりまず第一にお金がなかったから。

Hが好きで好きで仕方ないという方は風俗嬢の中にもいることはいますけど、割合としてはそんなに多くないと思います。

どの程度好きなのかって言うのもあるかと思うけど、でもどんな男性のでも良いから欲しいという風に考えている子ってマズいないのでは?
キャバ上がりの子って結構いますね。
キャバやっていても、やっている子って言うのはプライドの高い子ってわけじゃなくて、訳ありで働いて子もそうだけど、結構もともと根暗だったり、男性経験の少なめの子がやったりすることが多いんですね。
もちろん、お客さんと寝てしまったりする子もいたけど、でも割とキャバやる子ってもともとそんなに垢抜けていない感じの子がドレス着たりして急に弾けるってこともあったなって思います。
昔と違って家庭環境に問題がある子って言う、所謂メンヘラだったりする子って割と少ないと思います。
私も家庭環境はそれほど悪いとは思いませんでした。むしろ確かにお金が欲しかった記憶はあります。

 

でもやっぱりどこかでお金に対する価値観が壊れているのかなという気も。それが風俗嬢やる理由なのかも。